Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
時計
カウンター
Counter : 60万カウント+
ブログパーツUL5
ご訪問の皆様方へ
皆様方ご訪問の際にはコメントをいただければ励みになります。 また当サイトでは、相互リンクを募集中です。 ご希望の方はコメント下さい。 当ブログに関するご意見ご要望等をお寄せください。
Recommend
空気人形 [DVD]
空気人形 [DVD] (JUGEMレビュー »)

寂しい中年男性に寵愛される「空気人形」のぞみ。その愛情に反応して、人の心を持つようになります。そして秀雄の出勤中に、部屋を抜け出て一人歩きします。そこで出会ったビデオ店員・純一に心を惹かれます。共に働きデートを重ねる二人。ある日店内でけがをしたのぞみは、体から空気が漏れ出てしぼみます。純一は、慌てて必死で息を吹き込み、望みを蘇らせます。しかしそんな生活にも限界が来ます。秀雄はのぞみに飽きて、別の人形を買い込み、のぞみと名付けて愛します。そこで、のぞみは押し入れから出て、秀雄に会い、問い詰めます。そこでの秀雄の返事「もとの人形に戻ってくれないか。こんな面倒なことがイヤなんだよ。」・・・人の心とは、人との関わりとは、ゆっくりとした展開で静かに問いかけてくれます。「ワタシは、空気人形。欲望を処理するためだけに作られた。」それを悟ったのぞみは純一の元を訪れ・・。悲しいラストに心を動かされる作品です。http://aquariusjapan.jugem.jp/?eid=5022
Recommend
ブタがいた教室 (通常版) [DVD]
ブタがいた教室 (通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

妻夫木教師は「飼育して食べる」ことを前提に子豚を教室に連れてきます。しかし可愛さ余りに6年2組で飼育することになった子豚。みるみる大きく育ちます。生き物を育てることの楽しさと苦しさ。子供達は豚と一緒に成長します。そして卒業を間近に控えた3学期。26名の生徒達は、子豚をどうするか徹底的に議論します。その白熱ぶり。観ている方も延々と考え込んでしまいます。もともと答えなど出ない討論。妻夫木自身もどうするか迷います。屠殺に回すか、3年生に飼育を任せて自分たちは卒業するのか。二つに一つの決断。しかし決選投票でも票が拮抗し決まりません。妻夫木教師は決断を迫られます。家畜を育てることと食べる事。どう考えるか。心に残る名作です。
http://aquariusjapan.jugem.jp/?eid=3525
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

現代社会では監視カメラが普及し、いつどこででも録画しています。その中には多くの犯罪が記録されているはず。殺人・誘拐・セクハラ・同性愛・放置不審物・・。その監視カメラの視点からオムニバス形式でいくつもの犯罪を映し出す。性描写や暴力描写も含んだR-15作品です。ぜひ御覧になってください。特に女子大生に誘惑される教師の惨めな顛末は身を引き締めさせます。
http://aquariusjapan.jugem.jp/?eid=3420
Recommend
休暇 [DVD]
休暇 [DVD] (JUGEMレビュー »)

刑務所内で静かに日々を過ごす死刑囚金田と刑務官等。しかし遂に処刑の日が決まる。そして刑務官らは処刑に際しそれぞれの役割が決められる。その中で宙づりになった体がもがくのを下で支える「支え役」には、処刑後7日間の特別休暇が与えられる。刑務官平井は乗り気ではない結婚を控えているが、新婚旅行用の休暇のために「支え役」を志願する。
http://aquariusjapan.jugem.jp/?eid=2751
Recommend
いのちの食べかた [DVD]
いのちの食べかた [DVD] (JUGEMレビュー »)

家畜を産ませ育て屠殺する。その様子をただ録画し見せるだけ。それらは能率的に整然と行われます。むごたらしさ、残酷さよりも、その作業自体に目を奪われます。今日食事の際に我々の目の前に現れる肉片は「あれ」の結果なのか。
http://aquariusjapan.jugem.jp/?eid=2318
Recommend
夕凪の街 桜の国
夕凪の街 桜の国 (JUGEMレビュー »)

広島原爆被爆者の行く末を見つめます。永く心に染み渡る名作です。観る時は大きめのハンカチを忘れずに。出演者全てが主役。
http://aquariusjapan.jugem.jp/?eid=2228
Recommend
やわらかい手 スペシャル・エディション [DVD]
やわらかい手 スペシャル・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

難病を抱える孫の治療費を工面するため、マギーは風俗店へ。そこで求められたのは男達への「手を使った」サービス。内容は上品な愛の物語です。
http://aquariusjapan.jugem.jp/?eid=1365
Recommend
赤目四十八瀧心中未遂 [DVD]
赤目四十八瀧心中未遂 [DVD] (JUGEMレビュー »)

社会の底辺でうごめく男と女。奇妙な出会いから惹かれ合う。裏社会の醜さと美しい画像。一度ご覧ください。
Recommend
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)

地球温暖化の危機を世界中で説く、アル・ゴアの講演。納得させられます。英語ヒアリングにも最適。
http://aquariusjapan.jugem.jp/?eid=1337
Recommend
恋せども、愛せども [DVD]
恋せども、愛せども [DVD] (JUGEMレビュー »)

4人の女性家族。それぞれ人生の悩みを持って生きていきます。厳しい現実と美しい映像。是非御覧下さい。
http://aquariusjapan.jugem.jp/?eid=986
Recommend
おくりびと [DVD]
おくりびと [DVD] (JUGEMレビュー »)

音楽家から納棺師へ。主人公本木の有様を見て、周囲が「死の尊さ」に気づく。名作です。
Recommend
陸軍特別攻撃隊の真実 只一筋に征く―愛するものを護るため、大空に飛び立った若者たち
陸軍特別攻撃隊の真実 只一筋に征く―愛するものを護るため、大空に飛び立った若者たち (JUGEMレビュー »)

鹿児島県知覧町から飛び立った特攻隊の真実。どの1ページも心に刻まれます。
New Entries
Recent Comment
  • 中国国防大政治委員「日本と武力衝突する場合、韓国と連携して戦う」=韓国ネット「やめてくれ…」「韓国は100%日本を助ける」:・・オレが助けてやるから、仲間になれよ・・
    水瓶座 (03/10)
  • 中国国防大政治委員「日本と武力衝突する場合、韓国と連携して戦う」=韓国ネット「やめてくれ…」「韓国は100%日本を助ける」:・・オレが助けてやるから、仲間になれよ・・
    (^o^)風顛老人爺 (03/03)
  • 安芸の宮島サル消える?モンキーセンター全部引き取りへ:・・猿に罪はない・・
    モンキーマジック (12/07)
  • 死刑執行! 小林薫死刑囚と金川真大死刑囚からの手紙(『創』2013年4月号より):・・楽に死ねるなら人も殺せる・・
    アペノムクヌ (09/22)
  • 皮下埋め込み型避妊具使用の500人が妊娠、英国:・・人はどこまで怠惰になるのか・・
    no name (12/05)
  • 一人っ子政策廃止の決定も中国ネットの反応は冷ややか=「貧乏人は廃止になっても産めない」「以前に2人目を生んだために払った罰金を返してくれ」:・・全ての問題の根本はただ一つ・・
    水瓶座 (10/31)
  • 自衛隊拒否のゴタゴタが影響?日韓首脳会談時の安倍首相のソウル宿泊先、ロッテホテルからウェスティン朝鮮ホテルに変更か―韓国メディア:・・自業自得・・
    水瓶座 (10/31)
  • 韓国野党代表が「不幸なことに、安倍政権と同じ歴史認識が韓国にもある」と発言、韓国ネットの反応は?:・・そこら辺が理解不能・・
    水瓶座 (10/31)
  • 韓国野党代表が「不幸なことに、安倍政権と同じ歴史認識が韓国にもある」と発言、韓国ネットの反応は?:・・そこら辺が理解不能・・
    黒鬼子 (10/31)
  • 自衛隊拒否のゴタゴタが影響?日韓首脳会談時の安倍首相のソウル宿泊先、ロッテホテルからウェスティン朝鮮ホテルに変更か―韓国メディア:・・自業自得・・
    黒鬼子 (10/31)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
人類、危機一髪「太陽風」あわや200兆円損害 2年前に発生し1週間の差で直撃回避:・・知らせないことが大切・・
JUGEMテーマ:科学

 2年前に太陽から強力な太陽風が放出され、地球をかすめたが、もし地球を直撃していれば、「全世界が被る経済的損失は2兆ドル(約200兆円)にも及び、現代文明を18世紀に後退させる」ほど威力があるものだったことが分かり、米航空宇宙局(NASA)が発表した。NASAは報告書の表題を「ニアミス:2012年7月の巨大太陽風」とし、もし放出が1週間早かったら地球を直撃していたと指摘している。まさに人類は、暗黒時代に陥りかねない危機一髪の状況に遭遇していたのである。太陽風とは、太陽で非常に大規模な太陽フレア(火炎=黒点付近が爆発的に明るさを増す現象)が発生した際に放出される高速度の荷電微粒子流のことで、主に陽子と電子から成る。含まれる電磁波、粒子線、粒子などが、地球上や地球周辺の人工衛星などに被害をもたらすことで知られ、もし地球を直撃した場合、電力網、通信、位置測位システムの広範な停止が想定されている。NASAによると、2012年7月23日に発生し、地球の公転軌道上を秒速約3000キロ(通常の太陽風の4倍の速さ)で駆け抜けた太陽風は、過去150年間で最も強力なものだった。軌道上の位置は地球が1週間前に通過した地点であり、NASAの研究員で米コロラド大学・大気宇宙物理学研究所のダニエル・ベーカー教授は「何が起きているかを理解している人はほとんどいなかったが、私たちはとてつもない幸運で難を逃れた。太陽風の直撃を受けていれば、今でも後始末に追われ、復旧には何年もかかったであろう」と話している。直撃されれば、電力網と通信網は地球規模で壊滅的なダメージを受け、スマートフォン、タブレット端末、パソコンなどの電子機器も破壊されていたとみられる。(略)気になるのは今後の太陽風の来襲だが、太陽風に関する研究結果を米科学誌「宇宙天気」に今年2月に発表した物理学者のピート・ライリー氏は、今後10年以内にキャリントン・イベントと同規模の強力な太陽風が地球を直撃する確率は12%と分析している。「過去50年の太陽風の記録を分析した結果、導いたのが12%という数字だ。当初は確率がとても高いことに自分でもかなり驚いたが、正確で誇張のない数字だと言える」とライリー氏は述べている。(略)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140728/
scn14072811050004-n1.htm

 

  その日は突然やってくる それで良い じたばたしたくない
・・・・・・・・・・・・・・・
何が何だか分かりませんが、ギリギリセーフだったようです。もしこの危機の可能性を予め全世界に知らせていれば、とんでもないパニックになっていたはず。ま、「避けられない危機」は知らされなくとも構いません。ある日突然、自然の偉大な力の前では、人類は無力であることを知るだけで十分です。
posted by: 水瓶座 | 科学 | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) |-
日本車の安全性を疑う声に、「中国人は物理の法則を理解すべし」=中国メディア:・・説明しても分からないだろうなあ・・
JUGEMテーマ:中国ニュース

 中国ではインターネット上を中心に、「日本車は鋼板が薄く、安全性に劣る」などとデマが流れていることについて、中国メディアの金投奢侈品網は「中国国内に自動車を輸入するためには中国国内の安全基準を満たしている必要があり、その時点で日本車の安全性が証明されている」と論じた。記事は各メーカーの自動車について、衝突エネルギーが同一であれば損害の程度もほとんど変わらないと主張。自動車によって安全性能は異なるものの「中国が自動車を輸入するうえでは、中国国内の基準に合致していない自動車は輸入することができない」とし、中国で輸入されている日本車は中国国内の安全基準を満たしていると論じた。さらに自動車の設計において、「各メーカーが“クラッシャブルゾーン”を重要視している」とし、クラッシャブルゾーンは一部の高級車や有名メーカーだけが取り入れているものではないと主張。特に「フォーミュラ1(F1)のマシンでは運転席付近には弾丸ですら打ち抜けない強度の高い材質が用いられていることを除き、ほかのパーツは衝突で壊れる設計となっている」と紹介した。その目的として「事故発生時に衝突エネルギーを吸収するため」と伝えた。記事は、自動車の安全性能はクラッシャブルゾーンとのかかわりが高く、鋼板の薄さが必ずしも安全性を損なう根拠としてかかわることではないとの見解を示し、「中国人は物理の法則を理解する必要がある」と指摘した。
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20140703/
Searchina_20140703022.html


・・・・・・・・・・・・・・・
ものを知らないとは残念ですね。バイクのヘルメットは、強打されたらバッカリと割れる事になっています。割れることで頭への直接エネルギーを減衰させるためですね。自動車もしかり。事故では「車体を凹ませてナンボ」が当然。もし車全体の強度がすごく強固で、衝突でどこも凹まなかったら、中にいる人は重症を負ってしまいます。ま、無学の民には何を言っても無駄ですが。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 09:20 | comments(2) | trackbacks(0) |-
重力波の痕跡観測、検証必要:・・何が何だか・・
JUGEMテーマ:科学

 宇宙は誕生初期に急膨張したとする「インフレーション理論」を観測で裏付ける研究が注目されている。太古の時空のゆがみを伝える「原始重力波」をとらえれば証拠となり、ノーベル賞級の大発見。米国などの研究チームが証拠を見つけたと発表し物理学界は一時沸いたが、確証を得るにはさらに高精度の観測が必要だ。宇宙は138億年前の誕生直後、超高温で超高密度の火の玉のような状態になり、爆発的に膨張する「ビッグバン」が起きた。その後は冷えて膨張も緩やかになり、現在の姿になった。ビッグバンがなぜ起きたのかを説明したのがインフレーション理論だ。佐藤勝彦東大名誉教授と米マサチューセッツ工科大のアラン・グース教授が1980年代初めに、それぞれ独自に提唱した。理論によると、生まれたばかりの宇宙は原子よりも微小だったが、誕生からおよそ10の36乗分の1秒後、微生物が瞬時に銀河の大きさになるほどの急膨張が起きた空間が超光速で拡大するとてつもない膨張で、(略)、空間の性質が大きく変わり、潜んでいた熱が放出されてビッグバンが起きたとされる。インフレーションはビッグバン理論の矛盾点を解決し、宇宙の標準理論になっているが、光が届かない暗黒時代の原始宇宙で起きたため、観測できないことが大きな課題だった。(以上序文のみ 以下本文略)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140630/
scn14063015000003-n1.htm

 

・・・・・・・・・・・・・・・
何が何で、なぜノーベル賞級なのか、皆目分かりません。この序文だけでもいくつもの「?」があります。「生まれたばかりの宇宙は原子よりも微小、微生物が瞬時に銀河の大きさになるほどの急膨張、空間が超光速で拡大する、光が届かない暗黒時代の原始宇宙」想像もつかない世界です。では私の方から一つ質問を。「原始よりも小さな宇宙」が生まれる前、そこには何がどんな風にあったの?
posted by: 水瓶座 | 科学 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ヒトと類人猿の分岐は1300万年前?:・・Teach me when, where and how.・・
JUGEMテーマ:科学

 チンパンジーの遺伝子突然変異に関する初の研究によれば、人類が類人猿に似た祖先から遺伝的分化を始めたのは、初期人類と類人猿の共通祖先が存在したと長年考えられてきた年代よりはるか昔、約1300万年前だったという。Science」誌に6月13日付で掲載された今回の研究は、人類の起源に遺伝という観点から新たな光を当てるとともに、進化と遺伝子突然変異の関係に言及している。(略)類人猿に似た共通祖先が、700〜1000万年前、つまりチンパンジーとヒトの遺伝的分化が起きてからずっと後まで生き延びていた可能性があるためという。「現代とは違い、古代の突然変異率には大きなばらつきがあった可能性もある」と話すのは、オックスフォード大学にある人類遺伝学ウェルカムトラストセンターのギル・マクベイン(Gil McVean)氏。同氏は、今回の論文の筆頭著者を務めた。
◆チンパンジーの突然変異率(略)
◆精子の争い(略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140616-00000001-natiogeog-sctch&pos=4


 チンパンジーとヒトの間のどこかに、それはあるはず
・・・・・・・・・・・・・・・
なんとも分かりづらい記事です。私がこの種の研究で進めて欲しいのは、「ヒトとしての倫理観を主旨としたとき、C国本土とC鮮半島と日本国の各ヒトが、いつどの時点で進化を分岐させたのか」です。特ア記事にはしばしば「DNAが違う」などの発言があります。分子生物学的には倫理観とDNA配列には関係性は無いと考えますが、それにしても各国間の相違は著しい。誰か、いつ頃どの様に分岐したか教えて頂けますか?

posted by: 水瓶座 | 科学 | 10:42 | comments(2) | trackbacks(0) |-
中国開発のマッハ2.5のリニア、「科学の発展は無限」「天国に最も近い乗り物」―中国版ツイッター:・・Next station is Heaven.・・
JUGEMテーマ:中国ニュース

 2014年5月14日、中国が世界初のスーパーリニアモーターカーを開発しているとの報道に、中国ネットユーザーの関心が集まっている。香港商報は12日の報道で、「中国は真空チューブ技術を利用した世界初のスーパーリニアモーターカーを開発しており、将来的にその最高速度は時速2900キロにも及ぶ」と伝えた。以下は中国版ツイッターに寄せられた代表的なコメント。「速度より、本数を増やしてほしい。今の列車は速度がどんどん早くなるが、本数はあまり増えていない」「早くていいが、何より安全第一だ」「もっと他にやるべきことがあるのでは?医療や教育、食品安全などを優先してほしい。庶民は列車の速さより、これらに関心を寄せている」「高速鉄道の開発時も同じような悲観的な意見が多かった。他国もすでに同様の構想を持っており、科学技術の発展は無限だ」「真空か、乗る勇気はないな。途中でトラブルが起きたらどうなるんだ?」「止まれるのか?乗った人は天国に一番近い存在になるかも」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140515-00000017-rcdc-cn&pos=3


        How many survive?
・・・・・・・・・・・・・・・
とんでもない大風呂敷です。時速2900km。分速48km。秒速800m。当然、初速も終速も0(停止・停車)ですから、加速度が気になりますね。とんでもない加速をして、時速2900kmに達したかと思うと、直ぐにとんでもない減速。まあ、殆どの乗客が、酔って吐き、中には脳や心臓の血管が詰まるか弾けるか。確かに天国に最も近いと嘯(うそぶ)くだけのことはあります。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
日本人の「今そこにある危機」は「CO2」でも「原発」でもない、中国のPM2・5こそ健康蝕む脅威である:・・人は容易に騙される・・
JUGEMテーマ:科学

 目下、環境問題といえば地球温暖化対策ばかりが報じられ、温暖化ガスの排出量の削減目標や、欧米の金融業者・経済学者らの提唱する排出量取引などが話題を呼ぶだけで、その主役はCO2に限った論議がほとんどですが、これには大いなる疑問を感じています。まず、温暖化を決めつけるデータ源が、北半球の一部地域の気温のみで、山頂の雪が解けたとか、北極海の氷が解けたとかの、せいぜい数年、数十年程度の現象をとらえた報告にすぎません。中には「海氷が解けて、海水面が上昇した」などと、ふざけたような記事やコメントをあちこちで見かけるたびに、世の中の常識・良識はいったいどこへ消えてしまったのかと思わざるを得ません。氷の体積が水より大きいことは、理科好きの小中学生でも良く知っているように、氷が解けたなら海面は下がるはずでしょう。海面上昇に限っていえば、考えられる原因としては、雨量増、護岸工事や埋立地の増加、森林減に伴う河川の泥、堆積物の流れ込み…とさまざまありそうですが、定説はありません。ただ少なくとも氷が解けたものではないはずです。こうしたしろうと的思い込みや、気象学者の短期的データ盲信、あるいはそれに乗っかって、排出量の+−を、国家や企業間の取引材料にして商売ネタにしようと企む金融筋の不逞(ふてい)な輩たちに対し、大きく異を唱える良識派が最近増えてきたことを逆に喜ばしく思います。(後略)(上田和男)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140427/
wec14042707000003-n1.htm


  「氷が溶けたら海面は下がる」のか?
・・・・・・・・・・・・・・・
不思議な記事です。文責が上田和男なる人物ですが、彼が書いたこの記事の9割はC国バッシングです。それはそうと、この上記の大前提の文章に疑問が湧きます。まずとても感情的であること。そして科学的学説を、自らの考えのみで否定していること。その最たる文章が「氷が溶けたなら海面は下がるはずでしょう」です。海水に浮いている氷が溶けても、海面は上がりも下がりもしません。なぜ下がると自信満々に宣(のたま)うのか、「こいつバカじゃないか?」と頭に浮かびます。海面を上昇させている「水分」は地上にあった水・氷であり、海に浮いているものではありません。しかし、この手の「アジ・扇動」にも似た記事に、左右される人達が多いことも確かです。それが、私が今全国展開している「洗脳を解く」活動にも繋がるのですが。
posted by: 水瓶座 | 科学 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ハエたたきから身をかわすハエの動きを解明、米研究:・・塩粒のサイズの驚愕コンピュータ・・
JUGEMテーマ:科学

 ハエは身の危険を感じたとき、まるで戦闘機のように体を左右に傾けてローリングしながら飛行するが、この動きは文字通り「まばたきよりも速い」との研究論文が、10日の米科学誌Scienceに掲載された。論文は、ハエが感覚の特殊な組み合わせを頼りにして、ハエたたきで打たれるのを回避する助けとしている可能性があると述べている。University of Washingtonなどの研究チームは、ハイスピードカメラ3台を用いて、ハエが目前に迫る衝突をどのように回避するかを分析した。ハエは通常、1秒間に約200回羽ばたきをしているが、危険が迫った場合は羽ばたき1回で方向転換し、飛び去ることができるという。ワシントン大のMichael Dickinson教授(生物学)は「われわれは、ハエが100分の1秒足らずで進路を変えることを発見した。これは、人間のまばたきの50倍の速さで、これまで考えられていたよりも高速だ」と話す。同教授によると、ゴマの種ほどの大きさのカスリショウジョウバエは、捕食動物に囲まれた環境を生き抜く助けになる、超高速度で対応できる視覚系を持っているという。ディッキンソン教授は「このハエの脳は、ごく短い時間で非常に高度な計算を実行し、危険因子の場所、最善の回避策を厳密に判別しており、側面、正面あるいは背面から差し迫る危機に対し、それぞれ異なった対応をすることができる」と説明する。「脳が塩の粒ほどの大きさしかないハエは、ネズミなどの自分よりずっと体が大きい動物とほぼ同等の複雑な行動レパートリーを持っている
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140411-00000006-jij_afp-sctch

   

・・・・・・・・・・・・・・・
生物が持つ数多のwonderの一つです。蚊や蠅を叩き損ねた時、すでにそこにはいません。周囲を見回しても見あたらない。逃げたのではなく、まるで消えた、テレポートした様な感じです。しかし実際は、「とっさの判断」でうまく逃げているんですね。塩粒ほどの脳の何割がこの「逃げる」ために働いているのか分かりません。しかし世界有数のコンピュータを持ってしても、この蚊や蠅の脳ほどの働きもできないはず。まずはなにしろ大きすぎですからね。直径数ミクロンの脳神経細胞が作るネットワーク。ただただ計算するだけの存在ではありません。
posted by: 水瓶座 | 科学 | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) |-
<STAP論文>小保方リーダー代理人「撤回の意向ない」:・・有るか無いかだけなのに・・
JUGEMテーマ:科学

 「承服できません」−−。新たな万能細胞「STAP細胞」の論文不正問題で、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)の代理人の弁護士が1日、小保方氏が調査委員会の最終報告書を受け取った時の様子などを明らかにした。憤りの表情を浮かべたといい、同意したとされる論文撤回についても「本人にその意向はない」と明かした。今月9日までに、調査結果に対する不服を申し立てるとしている。(略)概要を聞くうちにみるみる顔が白くなり、「承服できません」と反論したという。三木弁護士は「驚きと、怒りと、憤りの感情が見て取れた」と振り返る。論文撤回を巡っては、先月14日にあった中間報告の記者会見で、竹市雅俊センター長が「撤回を提案すると、小保方さんは心身ともに疲れ切った状態で、うなずくという感じだった。それで了承したと判断した」と説明した。しかし、三木弁護士は「本人に撤回の意向はない。STAP細胞の発見については疑いがないと考えている」と否定した。STAP細胞の作製が再現できないとの指摘が相次いでいることについては、「結果が出るまでに半年、1年かかるものを、なぜすぐにできないと言うのか」と不満を述べているという。小保方氏は今年1月末、英科学誌ネイチャーに論文を発表した際に毎日新聞などの取材に応じたのを最後に、報道各社の取材を断っている。三木弁護士によると、現在、ストレスから体調を崩し、「精神的にも不安定で、感情がすぐ高ぶる状態」。関係者が常に付き添い、事実上、仕事を休んでいる。ただ、小保方氏が自ら説明するため、記者会見の開催も検討しているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140401-00000079-mai-soci

STAP論文、不正認定=「捏造」小保方氏は反論―理研調査委が最終報告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140401-00000049-jij-soci


   ほー、あなた本気やねえ
・・・・・・・・・・・・・・・
もはや科学の分野ではなく、社会問題の方が全面になりました。小保方氏が「不服・不満」であると知って、私は少し安心。自傷行為の危険性は薄くなりましたからね。当ブログでもこの件を幾度も採り上げましたが、とにかく問題はただ一つ。「STAP細胞は作られたのか否か」です。その他は全て周辺事情とは言え、どうしても推測してみたくなります。その際の疑問点は、1.本当に作られたのならば、なぜ以前の写真やデータを用いたのか。新発見のデータを使えば済むことではないか。2.誰もが「まさか」と驚く、世紀の発見となるであろうSTAP細胞。理研の上司達は、小保方氏の弁を聞いただけでなぜ鵜呑みにしたのか。上司達を頷かせるデータがあったのではないか?3.小保方氏が言うように、再現実験には相当な時間がかかるはずなのに、なぜ「出来なかった、作られなかった、無理だった」の発表・報道が氾濫するのか。そして4.科学的な事実の有無を論争するのに、弁護士までを雇うのは、身の安全のためとは言え、かなり本気。理研の上司を相手取っても主張したいことがあるようだ。・・・この件は奇々怪々、今後の展開から目が離せません。そこら辺のドラマや映画よりも遙かに興味深い。

posted by: 水瓶座 | 科学 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |-
水星の直径、14キロ縮んだ 40億年で、米チーム発表:・・僅かな変化も見逃すな・・
JUGEMテーマ:科学

 太陽系の最も内側を回る水星の直径は、約40億年前に比べて最大で約14キロ小さくなったとする研究結果を、米カーネギー研究所のチームが英科学誌ネイチャージオサイエンス電子版に16日発表した。水星の直径は約4880キロ中心核が冷える過程でわずかに縮み、ゆがんだ地殻がしわのような地形を表面に多数つくったと考えられている。(略)チームは2011年から水星の周回軌道で観測を続けているNASAの探査機メッセンジャーのデータを分析。マリナー10号では地表の半分以下しか観測できなかったが、今回は地表全体のしわの寄り方を計算し、縮小幅は最大で14キロになると結論付けた。
http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2014/03/17/05mercury/


    縮んでいるんだってよ
・・・・・・・・・・・・・・・
2011年からの3-4年間のデータで、水星が「40億年で14km縮んだ」と分かるそうです。何がどうだか分かりませんが、とにかくすごい。この測定法ならば、顔のしわを日々測定するだけで、十数年後の老いた顔貌を描かれそうでこわいですね。
posted by: 水瓶座 | 科学 | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-
小保方氏、神戸の「研究センター」で謹慎状態? 記者会見に姿現さず、研究は現在停止:・・存在すれば無問題・・
JUGEMテーマ:科学

 理化学研究所は2014年3月14日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された新型万能細胞(STAP細胞)の論文に使用された画像や記述が不自然だとの指摘に関する調査の中間報告を発表した。 会見当日になって、ノーベル化学賞受賞者で理研理事長の野依良治氏が急きょ出席を表明。一方で、渦中の小保方晴子・研究ユニットリーダーは書面でのコメントを寄せたのみで、姿を現わさず、「研究は停止している」そうだ。
http://www.j-cast.com/2014/03/14199290.html?p=1

【STAP細胞】・・・報道にも問題があった。「再現されれば」という留保つきの成果であることを軽視した面があり、小保方さんをスター扱いもした。・・・
http://www.47news.jp/47topics/e/251360.php


  

  例によってメディアの烏合の衆が集まって
・・・・・・・・・・・・・・・
まあマスコミが何をどう書こうが構いませんが、私の疑問はただ一つだけ。

「STAP細胞は、作られたのか・存在するのか」

報告内容に疑問があれば、誰もが直ぐに異論を挟むことは自明の理。「大丈夫。隠しおおせるはず」など考えもしないでしょう。嘘、捏造と誰もが直ぐに分かる内容を、敢えて発表するはずもなし。自分が傷つくだけです。今後、理化学研究所が、発表通りの手段でSTAP細胞を作れば、後は無問題となるはず。さっさと実証研究を進めて欲しい。そしてもう一つは・・・、小保方さんが自殺しないか、十分に監視しておいて欲しい。
posted by: 水瓶座 | 科学 | 12:01 | comments(3) | trackbacks(0) |-